新潟市中央区で鍼灸院をお探しなら当院へ
WEB予約はこちら

初めての鍼灸治療

まずこんな症状があれば鍼灸がおすすめです

     律神経

身体が全身的にダル重い、寝て起きてもスッキリしない、動くのがおっくうになる

感染症などの発熱後の体力低下、貧血や低血圧による酸欠状態、精神疲労・神経疲労、ホルモンの乱れなど

疲れが残りやすい、疲れが取れない、動くとすぐ疲れる

体力消耗による体力の低下、精神疲労、睡眠障害よる回復力低下など

回るようなめまい・フワフワするめまい・立ちくらみ

メニエール病、良性発作性頭位めまい症、起立性低血圧症など

体の火照り、手足の火照り、頭や顔ののぼせ感、疲労などによる発熱・微熱、喉の渇き

自律神経の乱れによる体温調整の障害、更年期障害、下半身の冷え

全身の冷え、手足の冷え、お腹の冷え、夏場でも冷える、お風呂上がりでもすぐ冷えてしまう

代謝の低下、内臓機能の低下、自律神経の乱れによる体温調整の障害など

寝つきが悪い、睡眠途中で目が覚める、早朝目が覚める、全く眠れない

睡眠時無呼吸症候群、入眠障害、途中覚醒、早朝覚醒、熟眠障害など

食欲が出ない、食べたくなくても食べれる、胃が重い、胸やけがする、胃が痛い、つわりで気持ち悪い

胃や腸の働きが低下、胃の障害(胃炎・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア)など

食生活の乱れによる便異常、コロコロした便、ドロドロした便、水っぽい便、何日も便にがない、残便感がある、浣腸や下剤がないと出ない

ちょっとしたことでイライラする、常に怒りっぽい、頭に血が上る、不安を感じる、予期不安、それに伴う動悸や息切れや頭痛など

更年期障害、月経前症候群(PMS)、パニック障害、不安障害など

タイミングを取ってもなかなか授からない、病院での不妊治療を受けているが結果がでない、原因がはっきりとあるわけでない、治療効果を上げたい、体の調子を上げたいなど

人工授精、体外受精、顕微授精の成功率を上げたい

のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)、発汗、頭痛、めまい、動悸、息切れ、肩こり、抑うつ、肌の乾燥など

45歳~55歳の女性(閉経を迎える年齢)を更年期といい、この時期にホルモンバランスが乱れ様々な症状を起こす

     肉・関節

首・肩・背中の筋肉のこわばり、シコリの様な筋肉の塊、筋肉の緊張、凝って肩が痛い、肩が重い、肩のスジの引きつり、首が回らないなど

運動不足、筋肉の使い過ぎ、不良姿勢などが起因

腰が痛い、腰が重い、腰の筋肉が張る、座っていると痛い、前に屈むと痛い、捻ると痛いなど

腰椎ヘルニア、急性腰痛(ぎっくり腰)、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛など

肩が挙がらない、手を腰に回せない、髪を結べない、夜間になると肩がズキズキする、肩の関節が全然動かせられない、動かすと痛い

肩関節周囲炎。運動不足と加齢で肩周りの筋肉が伸びなくなってしまい炎症を起こす

膝を曲げると痛い、体重をかけると膝が痛む、歩き始めが痛む、運動時だけ膝が痛む、膝が腫れる、安静にしてもズキズキする、スポーツで傷めたなど

鵞足円、変形性膝関節症、半月板損傷、靭帯損傷、腸径靭帯炎(ランナーズニー)・膝蓋靭帯炎(ジャンパーズニー)など

指が曲げると痛い、手首を返すと痛い、長時間のパソコン仕事、字をよく書くなど

使い過ぎが原因で腱を覆う腱鞘が炎症を起こし腫れる

ドゥケルバン病、ばね指、指の屈筋腱鞘炎など

競技による使い過ぎ、偏った動作などで負った怪我や疲労

野球肩、野球肘、ゴルフ肘、テニス肘、ジャンパー膝、ランナーズニー、肉離れ、手首や足首の捻挫、アキレス腱炎、足底筋膜炎など

怪我の治療から予防まで対応

体を十分に使えていない、関節の可動域を上げたい、筋疲労をしっかり取って大会に臨みたい

小学生から大人まで様々な競技に対応

筋疲労の蓄積、仕事や競技による部分的疲労など

同じ仕事でも姿勢・骨格・運動しているかで疲れのたまる場所もたまり方も違います。疲労をとるだけでなく疲労しにくい状態へ

手や足のしびれ、痛み、脊椎による神経圧迫、筋肉の緊張による神経圧迫など

坐骨神経痛、肋間神経痛、頚椎症、頚椎ヘルニア、胸郭出口症候群、手根管症候群、腰椎ヘルニア、変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、など

鍼灸治療が合っているかもしれません

 “マッサージでは届かない深部への刺激”

”自律神経の働きが活性”

 長く続く身体の不調でも病院では何ともないと言われ
病院で治療対象にならない「未病」を改善

 

鍼灸治療が合っているかもしれません

 “マッサージでは届かない深部への刺激”

”自律神経の働きが活性”

 長く続く身体の不調でも病院では何ともないと言われ
病院で治療対象にならない「未病」を改善

  • 慢性症状から解消され快適な生活に
  • 鎮痛剤を飲む回数は減少
  • ホルモンバランスの安定
  • 本来のパフォーマンスを発揮
  • 休息リズムを整えて体の回復を促す
  • 病院での治療との併用で効果UP

【THE解説】 鍼灸とは?

   鍼って??

鍼治療とは

金属である鍼を接触または刺すことで、体に刺激を与えて治癒反応をおこす治療法です。

 

   なんで痛くないの??

鍼は痛くない

よく鍼って痛そうと言われますが、「痛くない」です。痛くない秘密は・・・

 

①鍼は細い

よく使用する鍼は1番鍼’(数が小さいほど細い)で0.16mm、髪の毛と同じ細さです。 

注射針は痛くないと言われている糖尿病用の針でも0.3mm、採血用の針だと0.9mmあります。鍼の太さの2倍~6倍あり、いかに鍼は細いか分かると思います。細い鍼を使う事で傷つく細胞が極端に少なくなるので痛くありません。

 

②鍼は軟らかい

鍼はステンレス製のものを使用しています。軟らかい為曲げても折れる危険も少なく

また、その軟らかさのために注射針のような細胞を引き裂くような無理な刺し方はできません。

管鍼法と鍼灸師の繊細な刺し方によってするすると身体に入ります。

鍼の先端は尖がってなく僅かに丸みをおびています。この形状を卵型と呼んでいます。先端が鋭くなるほど、痛みやすくなります。

現在、使用する鍼はほとんど卵型になります。(※図1)

 

③日本発祥の管鍼法

鍼をさす時に管(くだ)を使う方法です。

管を使う事で鍼が体に対してまっすぐに刺さるようにアシストされるので痛みにくくなりました。

江戸時代の日本人が考えた方法で今では日本以外でも鍼灸治療をするところで使われています。

 

④鍼は浅く刺す

深く刺すやり方もありますが、まず全ての治療の始めに使うのは浅い鍼です。

浅い鍼は1mm以下の極々浅い鍼で、皮ふの自律神経を刺激して主に体調を整えるために使います。

神経を落ちつけてリラックスさせることで痛みの症状を和らげます。

図1

  浅く刺して効くの?

鍼の効果

浅く鍼を刺すことで皮膚刺激となります。刺激は背骨にある脊髄(※図2-①)に伝わり、脊髄から反射的に筋肉や血管に作用します(図2-②)

 

脊髄から脳まで信号は伝わり脳から自律神経やホルモンへ反応することで内臓など体全体に作用します(※図2ー③)

これがツボの効果と言われています。

図2

   お灸って??

 

灸治療とは

お灸はヨモギの葉を乾燥し、精製したものを艾(モグサ)と呼びます。

艾を皮ふの上で燃焼させる温熱療法です。ヨモギは燃える温度・速度が人体に適していることから使われています。

 

 

お灸と鍼の違いは?

お灸は鍼より深い刺激

お灸は温熱療法なので、まず局部を温める作用があり、血流をよくします。

冷えている範囲をお灸を据えることで、血管を拡げ血流を誘導する作用があります。

 

また鍼は深く刺せば深い筋肉を刺激できますが、お灸の種類によっては、さらに深い刺激となり、筋肉より深部にある骨や関節まで熱が到達します。(※図3)

ツボによって鍼とお灸を使い分けたり、体の状態に応じて使い分けをします。

 

図3

お灸の種類

 

直接灸

お灸を直接皮膚の上にのせて火をつける方法

肌につく前に火を消したりすることで熱量をコントロールして行います

主な大きさは米粒程度のものになります

 

 

隔物灸

お灸のモグサと皮膚の間にクッションとなる何かしらを挟む方法

軟膏を盛ったりショウガの輪切りを使ったりします

台座灸という一般にも市販されている使いやすいタイプもあります

 

 

灸頭針

刺した鍼にお灸をつける方法

焚き火にあたるような温かさと鍼を伝って深部に熱がとどくお灸です

 

直接灸
台座灸(せんねん灸)
灸頭針

さらに詳しく症状別での解説はコチラ